LIFESTYLE

仕事を辞める決断ができた理由は「ノリ」です。

なんだかんだで書くのは初めてかも?

この記事では、なんで私が仕事を辞めてフリーランスになったかを記載していきますね。

少しでも参考になればうれしいです^^

 

なんで仕事を辞めることに踏み切ったか

結論から言うと、

正直、『ノリ』です。

 

割と昔から思い立ったらすぐ行動しないと

モヤモヤする性格なんです。

 

けど、さすがに学校とか、仕事とかになるとそこまで簡単に辞めれない。

というか、辞めちゃいけないっていう感覚があったんですよね。

そういう感覚、ありませんか?

特に妻子がいると尚更ですよね。

仕事辞めたりしたら今後、家族が路頭に迷うことまでありますもん。

私は結婚していないので、そのあたりの問題はありませんでしたが…

 

会社に入るまでの流れ

子供の頃から

「男は務めていてナンボやで」

って言われていたので、

「そうか、(嫌だけど)仕事はしなきゃアカンねんな」

っていう教えはちゃんとありました。

 

だから、大学卒業して、

中途半端な会社で働くのが嫌だったので、

というか謎に少しでも大きな企業で働かなきゃっていう

超絶意味不明な見栄が出てしまい、

そのまま大学院に進学してしまいました。

 

その時は大学院で研究して、研究職に就こうかと思っていたけれど

大学院で研究しているうちに研究職が嫌になって

「どうしよう…」って考えていました。

 

したら、知り合いがシステムエンジニア目指すってなったので

興味が沸き、私もシステムエンジニアを目指すことになりました。

 

おわかりですよね。

まさしく「ノリ」で生きていました。w

 

ほんと、この時期から「ノリ」で生きてきたと思います。

けど、この時の「ノリ」っていうのは、少し違っていて、

「人に流されている」感じがあったんですよね。

いまいち自分の意思が働いていない感じ。

 

みんながやってるから同じようにしておこう。

なんとなくだるいからそのまま進学しよう。

 

そう、こうやって生きてきた結果、

会社に入ってえらい目にあいました・・・・・(泣

 

会社に入ってから

なかなか学生気分が抜けず、

入社数日でやらかし、始末書を書かされるし

成績は全然伸びないし、

酒の席では調子いいけど

仕事は遅く、社内で罵声が飛び

やらされている感が半端無かった!!!

 

正直、そのまま会社にしがみつきながら

人生を送る道もあったけど

そういった自分がすごくカッコ悪く感じたんですよね。

仕事でもなんでもそうだけど

嫌々やっている人って見ててなんか残念じゃないですか。

もちろん、頑張っていると思う人もいるかもしれないけれど。

 

その仕事が嫌だなぁって感覚を持ちながら

朝7時出勤⇒夜11時帰宅の日々を繰り返してました。

ちなみに朝と夜のサービス残業は当たり前だったし

通勤時間は片道1時間半!

家には寝に帰っていたようなものですね♪

 

身体に異変が…

そして…

次に襲ってきたのが職場での適応障害!!w

 

なんか具体的に言うと

この記事が暗くなっちゃいそうだから簡単に言うと、

仕事中に

あたままっしろ!

からの

大量発汗!

 

あれ、なんか俺これおかしいぞw

っていう感覚がヤバかった!

で、休日に病院に行って診断書貰って

半ば強制的にお休みをもらって

その時に思ったんです。

 

 

会社で働くことはほんとに安定?

「俺、これじゃやってけん!」

会社に入って仕事をするっていうのは

正しい働き方っていう考え方を持っている人も多いと思うし、

それが安定って思う人も多いけど

 

個人的にはそれって安定なの?

ってめちゃくちゃ思う!!!!

 

とりあえず会社に属していると

確かに毎月の給料はもらえる!

その時の給料は20万くらいだった!

(本社から来ている人に給料明細見られて軽く笑われたのを今でも覚えている!ww)

 

けれども、今後の人生において

会社が倒産しないとも限らないし、

その嫌な仕事をやり続けることで

自分自身がダウンしないでいられるか?って考えると

そうとは言い切れないんだと感じた。

というか、そもそも嫌な仕事を残り30年~40年続けられるのか?って考えると

出てくる答えは

「絶対むり。」

 

けど、この時に仕事を辞めるっていう決断を自分の中で下すのは

相当大変だった!

何せ

「男は会社で働くものだ」

と、子供の頃から教えられてきたから!

それと、

「会社を辞めて生きていけるのか?」

っていう不安が大きかった!

 

だから、自分自身が納得できる答えが見つけられるよう、

自分自身で稼ぐことに注力しました!

副業で稼いでそれを本業にしてやる!

 

名前は忘れたけれど、

アメリカではこのようなキャリアを築く人が多いようですね。

副業でやっていてそれを本業にするっていう。

 

取り組んだのはトレンドブログと転売

それで、私が取り組んだのが

転売とトレンドブログ。

 

転売は資金があればできるけど、

私自身はメンタル的に無理だった!!

あんな人から批判されまくる事を仕事にはできない。

 

転売の中でも、革靴転売は

転売感が無かった。どちらかというと革靴磨き屋さんのような感じ。

月収としてはだいたい20万くらい。

 

トレンドブログは現在注目されているニュースについての記事を書くこと。

仕事で働いている間、隙間隙間で記事投稿した。

  • 朝5時に起きて投稿
  • 昼に投稿
  • 定時後に投稿
  • 夜に投稿
  • 寝る前に投稿

アクセスもなかなか来なかったけれど、

とにかく必死になってやった。

今では、最高月収100万円を超えることもある。

 

で、これらをとにかく必死でやって、

稼げるんだ!って分かったら

なんだか気持ちが軽くなった。

「あ、俺、会社行かなくても生きれるやんけ。」って思った!

案外洗脳は数字を見たら簡単に剥がれた。

 

最後は[ノリ]

 

やるならこのタイミングしかない!!!!

という「ノリ」です。

 

正直、退職する旨を部長に伝える時とか

まだまだ声震えてたけど

今ではマジで会社辞めて良かったと思っている!!

 

1週間が全く苦ではなくなったし、

まだ火曜日か…っていう感覚がない!!

 

毎日を全力で生きている感覚があるし、何より充実している!

 

まとめ

というわけで、

ここまでつらつらと書いてきましたが、

これまで特に自分の意思で

自分の人生のレールを決めるっていうことが少なかったんです。

なので、

自分自身で辞める決断をするのはなかなか難しかったです。

 

しかも、これができたのは

結婚していなかった

ということもあると思います。

結婚して子供がいたら、それは自分自身だけの問題じゃないし、

ノリで辞めることはできなかったと思います。

いや、絶対むり。

 

そして、もう一つ言えるのは、

やっぱり自分自身が楽しいと思える仕事というのはあるんだろうなということ。

「好きこそものの上手なれ」とは言いますが、

嫌々に仕事を行っていても

給料も伸びなければ人生はモノクロのままだけど

好きなことができるってだけで

少なからず目に見える世界に彩が生まれるんだと感じます。

 

決断をするのはなかなか難しいけれど、

本気になるかならないかで、変わってくるのではないでしょうか。

(エラソーにすんませんw)

 

質問はこちらからどうぞ!

友だち追加