LIFESTYLE

行動力をつけるには 基準値からぶっこわせ!

こんにちは!つっつん(@Tsutsumu_P)です!

今回は阿佐信吾-就活相談無料受付(期間限定)(@shingoasa2012)さんの記事について紹介しますね!

はてなブログからビジネス書の紹介をされています!

私も読みました!

箕輪厚介さんの『死ぬこと以外かすり傷』という作品!

そのレビューになっています!

 

今話題のビジネス書!サラリーマンがまず読むべき1冊は…

こちらが、阿佐信吾-就活相談無料受付(期間限定)さんの記事になります。

 

『死ぬこと以外かすり傷』私も読みましたー!

現在画像が無いので少し拝借。

 

阿佐信吾-就活相談無料受付(期間限定)さんの記事を読むと、

『死ぬこと以外かすり傷』の本で気になった部分が書かれていました!

  • 好きな仕事に時間をかける
  • 尊敬する人の才能を全て吸収する
  • スピード命
  • 会社ではお金ではなくブランド力を稼ぐ
  • オリジナリティが無いと誰にも注目されない
  • いい仕事をしたらすぐにみんなにアピール

 

正直言うと、経験に基づく感想がほとんどなかったので

感想が欲しいなーと感じましたが、

それでもアウトプットすることは大切ですよね^^♪

 

それぞれの項目を 経験に基づいた感想付きで記事を書くと

もっとたくさんの人が気になると思います。

それがポジティブな内容であれネガティブな内容であれ、

参考になる人は多いと思います。^^

 

 

   行動力が人生を分ける

この『死ぬこと以外かすり傷』を読んで私が感じたのは

圧倒的な行動力の基準値の差でした。

 

私、以前に『嫌われる勇気』って本を読んだんです。

その時に

『結局、人は自分の人生を選んでいる』ということに気が付いて、

それにすごく納得したんですね。

というのは、私が脱サラを考える前は

自分がどうなりたいか?という目標もなく、

なんとなくいい大学に入って

なんとなく活躍して

なんとかくな会社に入る

って無意識に思っていたことに気が付いたんです。

また、会社で活躍するビジョンは一切ありませんでした。

自分自身でこうしたいっていう思いは無かったんですね。

 

振り返ってみると、人生はまさしく説明した様に流れていました。

イメージしたように人生を選択していたんですね。

 

思いを抱き、行動しなければ、自分が想像する未来に人生は動いてしまう。

更に言えばその想像を再構築し続けなければ、

その想像を超える未来は生まれないと考えます。

 

だから、行動しなければならないと思うんです。

 

成功している人に共通していることは

圧倒的な数の行動を行っている人です。

これは断言できます。

 

その行動により蓄えられた経験やノウハウから

自分自身が変わっていったりすると思うんですね。

 

行動が大事という話をしたうえで、

この箕輪さんの『死ぬこと以外かすり傷』を読むと、

その行動力の基準値の差が浮き彫りになります。

 

めちゃくちゃ行動しているつもりでも、

『死ぬこと以外かすり傷』を読むと

全然できてねぇって思います。

 

私がビジネスを行った時に何度も感じました。

行動力の基準値の差。

 

1カ月で10万円売り上げようとする人と、

1カ月で1000万円売り上げとする人の基準値が同じであるはずがないですよね。

その差に気づくことが、自身を成長させてくれるきっかけだと思うんです。

 

考え方を変えてくれる本だと思います。

この本は何かに『駆け出し』の人に読んでほしい本だと思います。

 

印象に残った言葉は

“「一度持ち帰って会社と相談します」などとは口が裂けても言わない。
サラリーマンであっても個人としての覚悟を示すからこそ相手が信用してくれる。
あとでつじつまを合わせれば良い。”

無茶苦茶だけど、圧倒的に個人にフォーカスした行動だと思います。

けど、間違いないと強く共感しました。

 

 

逆に、何かに熱狂せずに、

サラリーマンとして使われ続けている人もたくさんいると思います。

(というかほとんどがそっちですね。)

私がサラリーマンの時に『死ぬこと以外かすり傷』を読むと、仕事のスタンスとしてぜひ見習う部分多かっただろうなと思いますが、

冷めきった人がこの本を読むと、

あまりの行動力に嫌悪感を抱く人もいるかもしれないな…とも感じました。

冷めた人にどれだけ刺さるのか?は気になるところです。