革靴転売

SCOTCH GRAINのVチップ2719! 毎回鏡面するところには悩む…

今回売れたのは、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のVチップシューズ。

Vチップシューズはどこかかっこいいイメージがあって、個人的には好き。

だから中古でも安ければすぐに買っちゃいます!

今回はこれを紹介していきますね。

 

SCOTCH GRAINのVチップ2719! まずはインソールの交換から

最初、この商品を仕入れたときはこんな状況でした。

現在判明しているこの商品のスペックの紹介していきます。

  • 【メーカー】SCOTCH GRAIN (スコッチグレイン)
  • 【価格】30000円くらい?
  • 【品番】2719
  • 【素材】牛革
  • 【製法】グッドイヤーウエルト式

 

いや、もうほんとに中古品が嫌いな人がみると『ハァ!?』って思うほど

ボロボロですよね。。

特にインソールが汚れてしまっていると、いっそう汚く見える。

だから、革靴を販売する時はインソールも手を抜けないんですよね。

ちなみに、スコッチグレインではインソールを交換できます。

今回はしっかりと交換してきました。

側面のライニングと比べると

新品と中古の差がわかりますよね。

スコッチグレインではインソールの交換は700円くらいで行ってもらえるので、

余裕がある場合は持って行ってみるといいのかも。

インソールの交換を行っただけですが、これだけでも相当清潔感があるように見えますよね。

実際、インソールが汚れているとほとんど売れないけど、

インソールが綺麗ってだけで注目されることも多いです。

 

 

SCOTCH GRAINのVチップ2719! 毎回鏡面するところには悩む…

このスコッチグレインをケアすると最終的にはこんなカンジになります。

この商品自体、そこそこの経年劣化があったので、

細かい皺とかは消えませんでした。

けど、全体的な使用感ってのは無くなったように思います。

簡単なケアでそこそこ綺麗になるもんですね♪

外注さんにお願いしたときのコメントが

靴が綺麗になるとこっちも嬉しくなります

というものでしたが、確かになんだか嬉しくなりますね^^

 

中古の革靴はホコリが被っていたりするので、乾燥していることが多いんですよね。

それが余計ボロボロに見えたりします。

なので、デリケートクリームは多めに使用しました。

デリケートクリームは使わない人も多いようですが、

これをやるだけで結構レザーが生き返ります!

 

あとはポリッシュ。

ストレートチップと違ってVチップ・ウィングチップなんかは鏡面磨きする場所に悩みますよね~

先端だけにしていますけど、ついつい側面もやりたくなってしまう。(笑

グラデーションはまだまだ難しいですけどね^^;

 

収支としては、

4000円くらいで仕入れて15000円くらいで売ることができました!

ではでは~!

どうしてもGoogleアドセンスに合格できない….

もしそんな悩みがあれば、私の方で記事を作成し、Googleアドセンスの取得代行を行いますよ。

どうやって記事を書けばいいか分からない。何が原因か分からない。

そんな悩みがある場合は是非ご連絡ください。

アドバイスが欲しい人でもOKです♪